MENU

介護事務資格の種類

 

介護や医療の業界においては、資格を持っていなければ仕事を行えないケースが多々あります。
ですから、介護福祉士や作業療法士などの資格が存在しているのも納得できるでしょう。

 

しかし、介護事務においてはその仕事を行うにあたって必要な資格は限定されていないことから、いくつかの資格の種類がその業務に対応することになります。
それでは、どのようなものが介護事務に適応されるのでしょうか。

 

まず介護事務の資格として良く出てくるのがケアクラーク介護事務管理士という資格です。
介護事務の資格をとるということを考えたときに選択肢にはいってくるでしょう。
紹介はこちらで確認してください。

 

他には医療事務の資格であります。
介護事務なのになぜ医療事務の資格が良いのか疑問に思われるかもしれませんが、基本的に介護事務が行っている業務は医療事務のそれをあまり変わりませんので、その資格でも十分に対応できるようになるのです。

 

そして、その次に資格として挙げられるのが簿記の資格だと言えるでしょう。
簿記は基本的な計算などの資格でありますから、介護における報酬の算定や計算を行う上で必要不可欠な資格であります。

 

以上の資格を持っていれば、基本的に介護福祉施設などでの介護事務として雇ってもらえる可能性は高いと考えて良いです。
ですから、介護事務になりたいのであればこのような資格を取得していくことが大切になってくるでしょう。

介護事務資格