MENU

介護事務の資格一般的にどのくらいの難易度なの?

 

介護に携わる仕事の中に、介護事務というのがあります。
その名からも想像できるように、病院や介護施設を運営している会社などに勤務し、事務全般を担当します。

 

介護事務の資格取得方法

介護事務の仕事をするには資格が必要ですが、民間資格のため通信講座でも受講が可能です。受講期間も民間資格の中では比較的短いため、短期集中で資格取得を目指す事もできます。
通信講座をいている団体もいくつかありますが、そのほとんどで介護事務の受講があるから、いくつかの団体を比較してみるのもいい方法です。

介護事務の試験難易度

介護事務は通信講座でも受講できますが、試験も在宅試験です。合格率に関しては60パーセント前後という数字も出ていますが、テキスト持ち込み可能としている団体も多く、合格保証がついている講座を選ぶ事もできるため実際にはもう少し高い合格率となっています。
目安としては医療事務の試験とほぼ同等と言われているので、他の資格と比べても比較的難易度は低くなっています
試験なのにテキスト持ち込み可能というのは理由があって、実際の業務においても資料を見ながら仕事をするため、試験では同じ形式を採用しているのです。
現在はあまり知られていない仕事ですが、今後は需要が高まると予想されています。介護事務の資格を取得しておけば、就職や転職にも有利になると言われている事や、介護事務の資格は短期間で取得可能だから誰にでもチャンスがあります。

介護事務資格