MENU

主な介護事務の業務内容について

 

介護事務の仕事は介護の現場ではなく、介護に関連する事務作業がメインとなります。仕事場も介護施設や病院の施設内にあるオフィスです。

 

介護事務の仕事内容

介護事務の仕事は事務ワークですが、大きく分けて3つの業務があります。
一つ目は窓口業務です。
例えば介護施設の窓口で、利用者や利用者家族にサービス案内をしたり、入所する場合は入所手続きや手続きの案内をしたりする事もあります。
窓口業務の場合は施設や病院の顔となるため、知識やスキルだけでなく、利用者やその家族とのコミュニケーション能力が必要です。
ケアマネージャーも介護関連の仕事の一つですが、ケアマネージャーは多忙なため介護事務の人がサポートに回る事があります。
あくまでもサポートですが、ケアマネージャーの仕事に触れる事で自信のスキルアップにも繋がるのは大きなメリットです。

 

介護を利用する場合は介護保険が適用になるケースも多く、介護保険の請求業務という重要な役割もあります。
これは病院で保険請求をする医療事務と似ていますが、介護事務は介護保険のみを扱います。
一般的には費用の1割を利用者が支払いますが、残りの9割は地方自治体に請求するため、規則に基づいた請求業務が必要となり、これを介護事務が担当します。
介護事務の仕事内容に関しては、勤務先によって多少の違いもありますが、大体はこの3つの業務のどれかをこなしていきます。イレギュラーではありますが、介護保険に関するソフトを開発する会社で働く介護事務の人もいます。

介護事務資格