MENU

ケアクラークの資格と仕事

 

ケアクラークとは、介護報酬を、利用者と市町村それぞれに請求する事務的な仕事を行う職業です。
資格がなければ就職できないわけではありませんが、ケアクラーク技能認定試験は、介護事務として働くためには非常に有利な資格で、介護保険だけではなく、福祉全般や医学、人間関係など、就職後に役立つ知識を身に着けることができます。

 

ケアクラークが活躍している場所は、介護保険が適用されている在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保険施設、各種病院などですが、介護保険の処理を行うコンピューターシステムを作成している会社などで働いている人もいます。
ホームヘルパーなどと違い、事務所の中で働くため、介護保険についての知識があれば活躍することが可能です。
国民の高齢化に伴い、全国の在宅介護サービス事業者の数は年々増えており、ケアクラークの需要が高まっています。

 

ケアクラークは、介護報酬を請求する業務であるため、計算やパソコン操作など、事務処理に強く、スピードと正確さが求められます。
また、ケアマネージャの補佐や各種書類の作成、電話や窓口応対などの仕事も行うことが一般的です。
ケアクラークには、介護保険の知識以外にも、介護サービス全般の知識を持っておくことは大切です。

介護事務資格