介護事務 資格

介護事務資格を取るなら|種類や仕事についても紹介

これからさらに高齢化が進むにつれて介護関連の仕事は必要とされてくると思います。
介護の仕事でもいろいろありますが当サイトでは介護事務について紹介したいと思います。
そして、資格・スクールなどについても紹介したいと思います。
介護事務の仕事をしたい、資格を取りたいという方の参考になれば幸いです。

介護事務資格

介護事務資格を取るなら一括資料請求が便利

介護事務資格を取るためには勉強しないといけませんが、いろいろなスクールで通信講座や通学講座などを行っています。
有名なところではユーキャンやヒューマンアカデミー、ニチイなどがあります。
他にもいくつかのスクールでも講座があります。
そういった講座の資料を一括で請求できるサービスがあるので比較するのに便利だと思います。
ケア資格ナビ 介護事務ならそれらの大手などのスクールの資料もまとめて請求できるので便利だと思います。

ケア資格ナビ

ケア資格ナビは介護・福祉・医療系のスクール情報が揃っており、一括で無料資料請求ができます。
年間利用者100万人を突破している実績もあります。
介護事務に関してもユーキャンやヒューマンアカデミー、ニチイなどの講座の資料も一括で請求できるので便利だと思いますので興味のある方は一度チェックしてみてはどうでしょうか。

 

公式サイトでチェック⇒ケア資格ナビ 介護事務

介護事務について

介護事務の資格を取りたいと言う方も多いと思います。
これからさらに需要が増えてくるというふうにも思います。
ここで介護事務の資格といってもいくつかあります
それが介護事務管理士、ケアクラーク、介護事務実務士などです。
当然それぞれ内容も違うのでしっかり比較してどれにするのか、または将来的には全て取りたいと言う方もいるでしょうが、内容を知っておくことが大事ですね。
そして、資格を取得するために勉強する方法として大体スクールに通う方法と通信講座があると思います。
スクールの場合は住まいの近くにあるのかということもチェックしないといけません。
通信講座で資格を取るにしても料金やサービスも変わってくると思います。
ですから自分に合った方法などをしっかり比較して選ぶのが良いのではないでしょうか。
無料一括資料請求などは便利なので利用すると良いのではないでしょうか。

介護事務の仕事とはどういったもの

医療事務等の仕事についてはよく耳にするものですが、介護事務というものについてはあまり耳にしないものです。
それゆえに、どのような業務を行っているのか分からないというケースが多々あります。
しかし、これから手に職をつけたいと考えて、この介護事務を取得したいと考えている人であれば、できるだけその仕事内容を知っておく必要があるでしょう。
さて、この介護事務の仕事についてですが基本的には医療事務とあまり変わりません。
ただ、取り扱っている分野が介護分野であるという点が大きいと考えられます。
それゆえに、介護についての点数計算から、レセプトの請求など非常に多岐な業務を行っているのが特徴であります。
そして、基本的にこの事務は受付と兼ねていることも多いですので、接客対応などの技術も求められることになります。

 

実際に働いてみれば分かりますが、医療事務のようにその業務についての融通がつきやすいという点からも女性に非常に人気の高い職種となっているのも特徴です。
ですから、子供が居られるような方であったとしても家庭との両立ができやすいですので、良い職業であると考えて良いのであります。
このような点が、介護事務としての主な業務であるのです。

介護事務の資格を取るメリット

介護事務というのはケアマネージャー以上の資格となるので、業務内容は主にスケジュール管理となります。
現場に入ることが極端に減少するため、言わば管理職に当たるのがこの介護事務という仕事であるのです。

 

この仕事のメリットは、やはり樹労働をする必要がなくなり、待遇も改善する点にありますが、やはり従業員のスケジュール管理にほとんどの時間を費やすことになります。アルバイトやパートが多い職場ではその調整に追われることになるので何かと気苦労も多いのですが、それでも介護事務という仕事にはやりがいを感じることができるというのが魅力でもあります。

 

資格取得には実務経験並びに講習を受けて試験に合格する必要があります。
介護資格の試験制度がケアマネージャーに統一されたことによってよりキャリアアップを明確に積み重ねることができるようになったのが魅力でもあります。
キャリアアップの工程がより明確化されたことによってより上を目指しやすくなったことが特徴とも言えるのです。
介護事務の試験と言うのは、受験して合格することで待遇がかなり改善します。
現場で人と接することが好きな人でも、やはり労働環境が過酷であるという点は避けられないのです。

介護事務の資格はどうやって取得する事が出来る?

高齢化社会に伴い、介護関連の仕事は今後も需要が伸びると予想できますが、オフィスで行う介護事務の仕事にも人気が出ています。

介護事務とは?

介護の仕事をするには介護士の仕事が必要ですが、国家資格になるため簡単に取得できません。
介護に携わりたい場合は、民間資格の介護事務という仕事もあります。介護事務は主に、介護サービスを行っている会社や移設、病院に勤務します。
介護士は現場で直接介護をしますが、介護事務はオフィスでパソコンを使っての事務仕事がメインとなります。介護に関連する仕事には、ケアマネージャーがありますが、ケアマネージャーになるには資格の他に実務経験が必要です。
資格も段階を踏まねばならず、試験を受けるにも受験資格が設けられています。
介護事務はケアマネージャーのサポート的な業務も含まれますので、仕事を通じて介護の知識を身に付ける事ができます。

介護事務の将来性

介護事務はオフィス内での事務ワークだけでなく、介護保険に関するシステムを作成する会社で働く事も可能です。介護を受ける場合は介護保険を利用する事も多く、専門的な知識を持つ介護事務は将来性のあるところも魅力であり人気の理由です。
介護報酬請求事務を専門にしたり、ケアマネージャーのサポートをしたりと、働くスタイルもいろいろあります。
通信講座での受講も可能となっているので、働きながら資格を取得できます。民間資格の中でも比較的短期間で習得できるのもメリットです。

介護事務は独学でも取得できるのか?

介護事務の仕事をするには資格が必要ですが、民間資格のため取得方法が選べます。

介護事務の資格取得への道のり

介護事務の資格を取得するには、専門的な知識も必要ですからそれを学ばない事には試験を受けられません。学ぶ方法としては、通信教育、スクールへの通学、独学の3種類から選べます。
現在置かれている環境により、どの方法がベストかも変わってきます。3つの方法にはそれぞれにメリットとデメリットがありますが、費用がかからないという点では独学が一番安く済みます。

独学で介護事務の資格は取得できるの?

自宅で学ぶという点では、通信教育もほとんど同じですが、通信教育の場合は教材があるので独学よりも学びやすいです。
ただし受講料がかかりますから、それなりの準備が必要です。
完全に自分のペースで学べるのは独学のメリットですが、テキストや資料も自分で用意しなければいけませんし、専任の講師もいないので本当に独学となります。
現在他に仕事をしている人は、完全に自分のペースで勉強ができるのはメリットですが、効率はあまり良いとは言えませんし、モチベーションを維持するのがかなり大変です。苦手分野がある人は、それを自分で克服しなければいけませんから、こういうところも独学は苦労が耐えません。

 

やる気さえあれば独学で介護事務の資格を取得する事もできますが、かなり強く硬い意思が必要かもしれません。試験に関しては在宅試験となっていて、テキスト持ち込みもできますから独学でもチャンスはあります。

介護事務の資格の将来性はどうなの?生涯できる仕事なのか?

高齢化社会になりつつある現在では、介護関連の仕事が慢性的な人材不足に悩まされています。
介護の仕事にもいくつか種類はありますが、介護事務も技術者不足だと言われています。

介護事務の将来性

介護事務は介護福祉士のように現場で直接介護に携わる事はほとんどなく、主に介護施設や病院内にあるオフィスで事務仕事をします。
中にはケアマネージャーのサポート業務をしたり、介護保険のソフトを開発している会社に就職したりというスタイルで働く人もいますが、基本的にはオフィスワークをこなします。
高齢者が増えると、介護サービスや介護保険を利用する人も増える事になりますが、これは年々増加しています。
しかしその一方で介護の仕事をする人は不足状態ですから、需要はかなり高くなります。

 

介護福祉士やケアマネージャーとして働くには、資格取得までに数年の実務経験が必要という事もあり、思い立ったら即資格取得というわけに行きません。
また直接介護の現場で仕事をするため、体力だけでなく精神的なタフさも必要です。
介護事務の仕事にも専門知識が必要ですし、介護事務の民間資格があったほうが就職にも有利ですが、通信教育でも受講でき、資格取得までの時間も短いため資格を取得しやすいです。
介護事務の需要も高まっており、今後も益々需要は増えていくと言われていますから、将来性という意味では十分に可能性があります。雇用形態も正社員以外に、パートやアルバイトの求人も増えていますから、一生の仕事にする事もできます。

介護事務の資格を取得するためのテキストや参考書選びのポイントとは

介護事務の資格を取得するには、介護事務に関する専門的な知識が必要です。資格取得までに学ぶ方法としては、独学、通信教育、スクールへの通学という3つの方法があります。

テキストや参考書選びのポイント

独学、通信教育、スクールへの通学にもそれぞれにメリットとデメリットがあります。独学は完全に自分のペースで学べますが、テキストや参考書は自分で調達しなければいけません。
書店やネットからも購入可能ですが、種類も豊富なため選ぶのに時間がかかりますし、選んだ物が必ずしも自分に合っているとは限らず、購入しなおす事もあります。
通信教育やスクールに通学する場合は、あらかじめテキストや参考書は用意されていますから、自分で調達する手間は省けますし、すぐに勉強開始できます。
スクールでは決まったスケジュールがありますが、通信教育の場合はある程度自分のペースで学べます。介護事務の試験は在宅試験となっているので、試験会場に行けない人も受験しやすいのはメリットです。
試験中のテキスト持ち込みも可能なので、合格率も高くなっています。

 

自由さがあるところと、比較的短期間で資格取得が可能なところから、ここ最近では介護事務の資格を取得する人も増えています。
通信教育を行っている団体もいくつかありますが、団体によってテキストや参考書は異なりますから、団体のサイトなどでテキストや参考書の内容を比較して、自分に合ったスタイルで学べるところを見つけてください。

介護事務の資格は主婦の職場復帰にどれくらい役立つの?

結婚と出産を機に一旦退職しても、子育てが一段落したら仕事復帰したいと考える人もいます。
こういう場合多少でもブランクがあると、新しい環境に馴染むのに時間がかかりがちですが、資格を持っていれば主婦の仕事復帰もスムーズに行く事があります。

介護事務の資格を取るメリット

介護事務は今後需要が高まると言われています。資格が必要ですが、民間資格という事もあり通信教育でも受講ができます。
結婚や出産で一度仕事を離れると、職場復帰するのに勇気が必要ですが、介護事務は比較的新しくまだそれほど人数も多くないから、主婦の復帰にもおすすめです。
通信教育で学べるから子育てをしながら、空いた時間で勉強ができますし、試験もほとんどの団体が在宅試験を採用しているから、家にいながらにして勉強と受験ができます。
介護事務の講座は受講期間が短く、試験も何度も挑戦できますから、合格率も高くやる気さえあれば1回でも合格している人はいます。

 

仕事を離れている間も勉強をして知識を身につけられますし、介護事務の仕事をするには資格が必要ですから、仕事復帰にも有利になります。
医療事務も主婦に人気がありますが、今後の需要を考えるとこれからは、医療事務よりも介護事務の方が働きやすいかもしれません。
もしも仕事復帰を予定していて、何か資格を取得しようと考えているなら、介護事務の資格をおすすめします。受講期間が短いから、資格取得までに時間がかからないのもおすすめポイントです。

介護事務の資格があればパートやアルバイトでの仕事はできる?

介護事務は介護関連の仕事ですが、仕事内容は事務仕事がメインとなります。働く場所も介護現場ではなく、介護施設や病院内のオフィスです。

介護事務の雇用形態

介護事務のような事務職は正社員しか募集していないイメージを持ちやすいのですが、実際はパートやアルバイトの募集もたくさんあります。
もちろん募集している内容は異なりますから、正社員での募集もありますが、フルタイムで働けない場合はアルバイトやパートという選択肢も残っています。
介護事務の資格は民間資格ですから、通信教育で学んだ後に資格取得ができます。
試験は在宅試験となっているため、主婦でもやる気と時間の管理ができれば、子育てをしながらの資格取得というのも不可能ではありません。
主婦に限らず様々な事情でフルタイム働けない人も、介護事務の資格があればパートやアルバイトという形で働けるのです。

 

介護事務は介護報酬請求事務という仕事があるため、医療事務とよく間違われる事があります。
医療事務も保険請求を行いますから仕事内容は似ていますが、介護事務は介護保険になるので実際には少し違います。医療事務も民間資格ですが、介護事務の資格とは全く別物です。
介護事務の資格を取得するには、介護事務の専門知識が必要になるため勉強する内容も異なります。働くスタイルとしては、医療事務も介護事務もパートやアルバイトという雇用形態が多いため、フルタイムで働けない人には人気があります。

介護事務資格